品質管理方法

品質管理方法

材質・板厚チェック

材料入荷時にミルシートを添付してもらい、書類と現品に相違がないかを確認します。
その後、ノギスを使用して板厚の確認をします。

材質・板厚チェック

角度チェック

プログラムよって要求された角度が守られているかを確認します。

角度チェック

寸法チェック

対角の寸法を含め、図面通りの寸法が守られているかを確認します。
また、溶接の不足、穴の加工漏れなど、板金上の不具合がないかを一通り確認します。
検査器具は校正がとれているスケールを使用します。

寸法チェック

膜厚チェック

膜厚が要求数値を上回っているかを確認します。
検査器具は鉄、SUSを問わず、校正のとれた膜厚計を使用します。

膜厚チェック

音量チェック

ご要望に応じて工場内でのスピーカーテスト、または現地取付後の騒音試験を実施します。

音量チェック

自主検査チェックシート

各種、自主検査チェックシートで記録を残します。

自主検査チェックシート

森山製作所の製造体制

PAGE TOP
製造体制
エコアクション21

 このマークの意味は?
お問い合わせについて TEL:03-5735-2005 受付時間:9:00〜17:00 メールのお問い合わせはこちらから